すっぽんサプリの選び方

 

≪すっぽんサプリ選びのコツを解説≫すっぽんの効能効果は?

 

すっぽんと言えば男性が多く利用するものとしていましたが、今では美容のため、ダイエットのためアンチエイジングにと女性がすっぽんサプリを利用するようになっています。
なので、すっぽんサプリと言っても種類は多く、自分に合ったサプリを選ぶのは大変です。すっぽんサプリを選ぶ基準を覚えておくと購入する際に役立ちます。

 

1.すっぽんサプリの価格
市販されているすっぽんサプリの種類が増えてきました。価格も千円台から1万円もするものまであります。安いものはやはりすっぽんの含有量が少ないものが多く、その代り別の栄養素が色々配合してあるなどの工夫がされています。自分が何を求めているかをしっかり決めておく必要があります。パッケージに表示された成分の確認をするようにしてください。

 

2.すっぽんの品質
今日本で売られているすっぽんサプリに使われているすっぽんのほとんどが、養殖です。それでもこだわって育てられたすっぽんであるなら、栄養価も期待できます。
キャンペーンなどを利用して試してみるのもいいでしょう。できれば国産のすっぽんを利用しているものを選びたいですね。

 

3.すっぽんと一緒に配合されている成分を確認して、目的に合ったすっぽんサプリを選ぶことも大事です。

 

4.コストパフォーマンが良いもの
続けられるために大事なことは、効果と価格のバランスがよいこと。サプリは継続することが一番大きなポイントです。そのためにはコストパフォーマンスがよくて、効果を実感できるものを選ぶことが大切です。

すっぽんの効果・効能

 

≪すっぽんサプリ選びのコツを解説≫すっぽんの効能効果は?

 

すっぽんの食文化の起源は、今から3〜4千年も前まで遡ると言われており、日本でも古くから滋養のために食べられていたということがわかっています。
また、世界三大美女と言われる楊貴妃は美容のために食べていたと言われています。

 

このように昔から健康と美容に効果があると言われてきたすっぽんですが、具体的に健康面では、疲労回復、骨粗しょう症予防、関節痛ケア、生活習慣病予防、アンチエイジングなど。美容面では、肌に潤いと弾力を与える、美白効果、ダイエット、美髪効果などがあります。

 

これらの背景には、すっぽんの含まれる優れた栄養素にあります。
必須アミノ酸を含む20種のアミノ酸がバランスよく含まれています。さらにすっぽんの大きな魅力として挙げられるのが良質なコラーゲンが豊富に含まれていることです。

 

アミノ酸は体内で生成されますが、数多くあるアミノ酸の全てを体内で生成することはできません。その足りないアミノ酸をすっぽんを食べることで摂取することができます。
十分なアミノ酸を摂ることで、コレステロールを減らすことができるため、脳梗塞や糖尿病など成人病の予防にもなります。さらにアミノ酸はコラーゲンの生成を促す作用もありますから、美肌効果も期待できるのです。

参考→コラーゲンサプリ・ドリンクの選び方

漢方薬とすっぽん

 

≪すっぽんサプリ選びのコツを解説≫すっぽんの効能効果は?

 

すっぽんは中国で何千年も前から食べられてきたものです。栄養価に優れていることをすでに知っていたと思われます。すっぽんはすでに高級な食材であり、楊貴妃が美容のため食していたという文献が残っていることからも、すっぽんが宮廷料理となっていたとも言われています。

 

中国では、様々なものを漢方薬にする技術を持っていますから、当然すっぽんも漢方薬として利用されるようになりました。今でも「鼈(すっぽん)」を動物生薬として広く愛用されています。

 

中国ではあらゆるものを食材にするという食文化があるため、すっぽんもその例外ではありませんでした。すっぽんを庶民が食べるようになったため、絶滅するのを防ぐのを目的にメスのすっぽんは食べてはいけないという、決め事まであったと言われています。

 

漢方薬の場合、他の漢方と混ぜ合わせることで様々な症状に効果があるとされ、医療が整えられていない時代は、症状によって調合を変化させて利用していたようです。
今でも漢方薬局などでは、漢方の調合は行われていて、相性がいいものは高麗人参、クロレラ、ビタミンCなどだそうです。

すっぽん料理

 

≪すっぽんサプリ選びのコツを解説≫すっぽんの効能効果は?

 

すっぽんを実際に食材として家庭で調理するという方はあまりおられないと思いますが、すっぽんが健康や美容に効果があることはご存じの方は多いのではないでしょう。食べてみたいけど高額すぎてひんぱんには食べることはできませんが、一度は食べてみたいですね。

 

すっぽんというと「鍋」くらいしか浮かんできませんが、どんな調理法があるのでしょう。
すっぽんは甲羅、膀胱、胆のう、爪以外の部分はほぼ食べることができます。

 

すっぽんの調理方法で一番知られているのが「すっぽん鍋」です。すっぽんを丸ごと鍋に入れてしまう調理法です。お馴染みの鍋と同じように野菜や豆腐やキノコ類を

 

すっぽんは栄養がとても豊富ですが、そのカロリーは100gで197kcalとヘルシーですから、できれば調理して食べたいですね。すっぽんのダシ汁は最高においしくて、栄養分が含まれていますので食べ終わったら残りのスープで雑炊にして食べきると効果満点です。すっぽん鍋を提供する料理店などでは、一人前3000〜5000円とかなり高額ですが、すっぽんをさばいたり、下ごしらえが面倒という方はこういったお店を利用してもいいですね。

 

すっぽんは肉や内臓だけでなく、血も食べることができます。生き血をそのまま飲む方もいますが、日本酒やワインで割ると飲みやすくなります。料亭のすっぽん料理に食前酒として出されることもあります。

 

また甲羅の骨まわりのエンペラというゼラチンをサラダにしても美味しくいただけます。コラーゲン豊富なため女性に人気がある食べ方です。

更新履歴